乳癌を美しく治そう!~私の乳癌 再建の記録~ 

30代(子供は4歳)で乳癌を発症。ステージⅡの全摘出をした元ワーキングママが、納得した治療法を探して、美しく再建し、明るい人生を取り戻すまで…

diary

郵便局で乳癌のおっぱい模型を触る!

投稿日:

乳がんの早期発見を目的にした取り組みなのか、郵便局の待合室にふいにおかれた乳房の模型。

そういえば、ずっと昔もどこかで見たことがあったなぁ。人間ドッグの病院だったかな?

その際は、興味本位でさわってみたものの、まさか自分が乳がんになるとは思わず、「へぇ~こんな感じなんだ~」なんて、気楽に思って終わってしまいました。

あの時から何年か経って、乳癌ステージⅡの宣告をされたわけですが、この模型での感触を全く覚えておらず、当時はしこりを自分でさわっても、いまいち現実味がありませんでした。

しかし、病院で2cm位に成長した乳がんのMRI画像を見て、自身でさわってみると、確かにあるんです、しこりが!!

「自分の胸に乳がんがあるわけがない!」と思っている時と、

「乳がんがあります」と宣告されてからでは、自分でさわる感触の違いが出てくることを、この模型を見て思い出しました。

セルフチェックって、結構難しいですよね…。

 

今日は、昔に漠然とさわっていた時と違って、実際自分の胸にあったしこりの感触と比べてみました。

さて、この模型の精度はどのくらいかしら…??

郵便局の待合スペースで突如見つけた!早期乳がん発見用の乳房の模型

 

乳がんの触診モデルは、4種類の乳がんがさわれます!

 

乳がん触診モデルには、

1.「えくぼ症候を伴うがん」

2.「皮膚陥没を伴うがん」

3.「線維腺腫(せんいせんしゅ)」

4.「乳腺症」

の4つの乳癌の状態が再現されていて、それぞれさわり比べることが出来るのですが、私の乳がんのしこりに一番近かったのは、3の「線維腺腫」でした。

大きさも同じくらい(2cm)なんじゃないかなぁ。

まん丸ではなくて、ひらべったい感じと、胸の中で動く感じ、そして固さ加減が、とってもよく似ていましたよ!!

この部分においては、この模型、うまくできてますね!

それにしても、1.「えくぼ症候を伴うがん」と、2.「皮膚陥没を伴うがん」は、やっぱりわかりにくかったですね~。

この模型を、乳がんと宣告されるずっと前にもさわったことがあったのに、自分の胸のしこりには、まったく気付けなかったなぁ…。

この模型のような「しっかりとしたしこりは無いから大丈夫」

「皮膚のひきつれや、えくぼも無いから大丈夫」

と、乳がんと宣告される以前の私は思ってしまっていましたので、

セルフチェックだけで安心してしまわないで、1年に1回など、定期的に乳がん検診をすることが本当に必要だな~と、身にしみて感じた日でした。

 


最後までお読み頂きありがとうございました♪
ポチっと応援していただけましたら励みになります!
↓↓↓










-diary
-

関連記事

ブログをスタートして嬉しかったこと!

先日、同年代のお子さんがいらっしゃるママからメールをいただきました。 同じ病院で手術を控えられているとの事。 私の記事が少しでもお役に立てていられるとしたら、本当に嬉しいことです! ありがとうございま …

高須クリニックの高須克弥院長の貴重な発言

乳癌と宣告されてから4年目の秋をむかえました。 最近、移住の手続きやら、荷物の整理やらで一週間が本当にあっという間!! 色々思いにふける暇もなく、日々が過ぎ去っています…! 思えば、乳がんと宣された当 …

混浴着を着て胸の傷を気にしないで入れる露天風呂でリラックス♪

昨日より、小淵沢にあるリゾナーレへ来ています♪ リゾナーレ八ヶ岳へ来ています♪   イタリアで“海”を意味する名のプール「イルマーレ」で、子供たちは、朝食後からなんと4時間も遊び続けています …

シンガポールに来ています♪

久しぶりの更新になってしまいました! 今、私はシンガポールに来ています。 主人は仕事で合流出来なかったので、なんと7歳の子供との、初の二人旅ですー! これまでの入院費や、病院の支払いなどは、全てクレジ …

7歳で花粉症!?

3月にかかったインフルエンザが終わったと思ったら、また子供のゲホゲホが始まり… 季節の変わり目の、いつもの喘息だな〜と思い、小児科へ連れて行き、風邪薬と、吸入器でしのいでいたのですが、一向によくならな …

2021年1月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PVアクセスランキング にほんブログ村