乳癌を美しく治そう!~私の乳癌 再建の記録~ 

30代(子供は4歳)で乳癌を発症。ステージⅡの全摘出をした元ワーキングママが、納得した治療法を探して、美しく再建し、明るい人生を取り戻すまで…

diary

普通の細胞が癌細胞に変化する瞬間

投稿日:3月 4, 2017 更新日:

私が時々読ませていただいているブログのひとつに、伊勢白山道というブログがあるのですが、
本日の記事「心の三毒(さんどく)に注意」読んでいて、ドキリとする一文がありました。

体内で細胞が怒りの私怨で焼かれますと、私はそれが癌細胞に変化することを他者の中に感得することが有ります。

自分の怒りの炎が焼くのは他者では無くて、自分自身だったという落ちです。

食生活や、生活環境、ストレスなど、癌を発症する原因には様々なものがあると思いますが、【怒り 】という想念が、自分自身の身体に影響を及ぼすことは、確かにあるように思いました。

ブログで書かれているように、私自身も、表に出さなくても怒りのストレスを溜め込み、いい人を演じようとしていた、という部分に非常に思い当たる点があり、反省しました・・・

顔ではニコニコ、いいですよ~と言い、心の中では罵倒する。

本当はむかつくけど、私さえ我慢すれば・・・という気持ちが、癌が発症する直前の1~2年、仕事をしている中ですごくあったのです!

それまでは、黙っていられるタイプではなく、かなりはっきりと意見を言う方だったのですが、

出産後、仕事に復帰してからは、即戦力になっていない、他のメンバーより時間的には圧倒的に仕事をしていない、というところで負い目を感じてしまい、不満や怒りがあっても、呑み込んでいました。

ドロドロした気持ちが、心の中を渦巻いていたんですね。

癌になったのは、自分の心の持ちよう。自分が作り出したものなんですね。
すっごく反省した記事でした。

病気は自分自身が何かを伝えようとしてくれているサインと言いますが、本当にそうだったと思います!

全摘の手術後、一番に感じたのが、普通の生活を送れることの有難さです。

普通にベッドから起きられて、
普通に食事が出来て、
一人でトイレへ行けること、はなんて有難いことなんだろう!

家族が揃って普通の生活が出来ることで、私は何を不満に思っていたのか?

もっと子供と楽しもう!
やりたくないことはやらない!
自分に正直に生きよう!

これは、全摘手術後の入院生活で書いたメモです。
今思い返してノートを覗いてみたら、そう書いてありました。

アハハと明るく生きる生活が大事ですね!

色々悔しいことがあったり、悲しいことがあっても、
「ま、いっかー」
と笑ってアホになることは、今後の癌の再発の予防に必要なのかもしれません。


最後までお読み頂きありがとうございました♪
ポチっと応援していただけましたら励みになります!
↓↓↓










-diary

関連記事

バレンタインのチョコ作り❤️

三連休はいかがお過ごしですか? 我が家は、この連休は、天気予報によると天候がかなり不安定だったので特に大きな予定は入れず、ゆるゆる過ごしています。 そしたら、結構あったかくて! 行楽日和だというのに失 …

普通の生活が一番!

義母が脳梗塞で倒れてから、10日が経ちました。 倒れた直後は、麻痺が残るかもしれない、左半身付随になるかもしれない、と医師から宣告されていたので、本当に気が気ではなかったのですが、 高血圧で糖尿病予備 …

紫外線量を簡単にチェックできるスワロフスキーグッズ!

紫外線が強くなる季節ですね! ここ何日かは、なんだか春を通り越して、夏のような陽気! 四季の移り変わりを、しんみりと感じるひまもないですね〜! 我が家では、今年の春休みは遠出が出来ないので、子供を短期 …

乳癌と宣告された日から3年が経って…。

今日はハロウィンですが、いかがお過ごしでしたか? 我が家では、一足早く、既に子供の英語教室でハロウィンPartyがあったので、今日は特に普段とは変わらず、子供が学校から帰ってくるとバタバタと一緒に宿題 …

郵便局で乳癌のおっぱい模型を触る!

乳がんの早期発見を目的にした取り組みなのか、郵便局の待合室にふいにおかれた乳房の模型。 そういえば、ずっと昔もどこかで見たことがあったなぁ。人間ドッグの病院だったかな? その際は、興味本位でさわってみ …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PVアクセスランキング にほんブログ村