乳癌を美しく治そう!~私の乳癌 再建の記録~ 

30代(子供は4歳)で乳癌を発症。ステージⅡの全摘出をした元ワーキングママが、納得した治療法を探して、美しく再建し、明るい人生を取り戻すまで…

diary

普通の細胞が癌細胞に変化する瞬間

投稿日:3月 4, 2017 更新日:

私が時々読ませていただいているブログのひとつに、伊勢白山道というブログがあるのですが、
本日の記事「心の三毒(さんどく)に注意」読んでいて、ドキリとする一文がありました。

体内で細胞が怒りの私怨で焼かれますと、私はそれが癌細胞に変化することを他者の中に感得することが有ります。

自分の怒りの炎が焼くのは他者では無くて、自分自身だったという落ちです。

食生活や、生活環境、ストレスなど、癌を発症する原因には様々なものがあると思いますが、【怒り 】という想念が、自分自身の身体に影響を及ぼすことは、確かにあるように思いました。

ブログで書かれているように、私自身も、表に出さなくても怒りのストレスを溜め込み、いい人を演じようとしていた、という部分に非常に思い当たる点があり、反省しました・・・

顔ではニコニコ、いいですよ~と言い、心の中では罵倒する。

本当はむかつくけど、私さえ我慢すれば・・・という気持ちが、癌が発症する直前の1~2年、仕事をしている中ですごくあったのです!

それまでは、黙っていられるタイプではなく、かなりはっきりと意見を言う方だったのですが、

出産後、仕事に復帰してからは、即戦力になっていない、他のメンバーより時間的には圧倒的に仕事をしていない、というところで負い目を感じてしまい、不満や怒りがあっても、呑み込んでいました。

ドロドロした気持ちが、心の中を渦巻いていたんですね。

癌になったのは、自分の心の持ちよう。自分が作り出したものなんですね。
すっごく反省した記事でした。

病気は自分自身が何かを伝えようとしてくれているサインと言いますが、本当にそうだったと思います!

全摘の手術後、一番に感じたのが、普通の生活を送れることの有難さです。

普通にベッドから起きられて、
普通に食事が出来て、
一人でトイレへ行けること、はなんて有難いことなんだろう!

家族が揃って普通の生活が出来ることで、私は何を不満に思っていたのか?

もっと子供と楽しもう!
やりたくないことはやらない!
自分に正直に生きよう!

これは、全摘手術後の入院生活で書いたメモです。
今思い返してノートを覗いてみたら、そう書いてありました。

アハハと明るく生きる生活が大事ですね!

色々悔しいことがあったり、悲しいことがあっても、
「ま、いっかー」
と笑ってアホになることは、今後の癌の再発の予防に必要なのかもしれません。


最後までお読み頂きありがとうございました♪
ポチっと応援していただけましたら励みになります!
↓↓↓










-diary

関連記事

バイトを始めてからの身体の変化

先月から始めた子供写真館のバイトですが、子供が学校へいっている間の4時間程度、週3くらいで働いています。 もう最初の1~2週間は、腰痛や、肩こりはもちろんのこと、何故かお尻の筋肉まで痛くなってしまって …

小林 麻央さんの死去にあたって

今ブログを更新しようとしましたら、残念なニュースが入ってきました。 同じ乳癌という病気を患われていた、小林 麻央さんが、昨晩22日にお亡くなりになられたそうです。 彼女には、同時期に乳癌が発見されたこ …

銀座でコスパのいい歯のホワイトニングをしてきました!

ついに、ずーっと気になっていた、歯のメンテナンスをスタートしました♪ 10代の頃に歯の矯正もして、タバコも吸わなかったので、20代の頃は「綺麗な歯並びだね」と言っていただけたこともあったのですが、 子 …

がんは脳を使って糖分を要求する!?

過去の日記を読み返していて、ふと思い出したことがあります。 乳癌の手術をする前、私は2ヶ月近く半断食で体質改善と、癌の縮小を目指していた時期がありました。 その時辛かったのは、糖分が一切取れなかったこ …

上海で驚いたこと!

私の手は、落ち葉が落ちる頃になると、同じようにカサカサ乾燥し、 空港での入国の際には、手荒れで指紋が不明瞭だったのか、指紋のスキャンを何度もやらされ、 あげくの果てに、「え?もう一回?私?」などと慌て …

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PVアクセスランキング にほんブログ村