乳癌を美しく治そう!~私の乳癌 再建の記録~ 

30代(子供は4歳)で乳癌を発症。ステージⅡの全摘出をした元ワーキングママが、納得した治療法を探して、美しく再建し、明るい人生を取り戻すまで…

ホルモン治療の副作用 敏感肌用スキンケア

乳癌 ホルモン治療中のシミ対策!

投稿日:

私が乳癌となってしまったのは30代半ば。

それまでは、ニキビ跡で色素沈着してしまった部分があったりしましたが、少し時間が経てば消えていたので、特にしみで悩むことはありませんでした。

しかし、乳癌の全摘手術をする前にスタートしたホルモン治療により、突然頬にしみを発見してしまい、ビタミンCを多く摂取したり、日焼け止めでがっちりガードし、スキンケアにも力を入れましたが、なかなか消えず…。

私が普段愛用しているイナータスのスキンケアは、新陳代謝がよくなるので、全体的に血色がよく、乾燥による吹き出物も無くなり、去年とは比べ物にならないほど、肌の調子がよくなって嬉しかったのですが、

気になる頬のしみは、なかなか消えてくれません(涙)

ホルモン治療中は、女性ホルモンがおさえられてしまう関係で、肌の新陳代謝が滞ってしまうようで、角質ケアなどもマメにしていかないと、肌がくすんできてしまいます。

ある日突然、しみという形で残ってしまうので、ホルモン治療をスタートされる方は、ご注意してくださいね!

一番の予防は、やはりしみになる前に、日焼けを防ぐことです。

特に3月頃から、冬の間に比べて格段に紫外線量が増えてくるそうですよ。

私の場合、紫外線対策は、GWくらいからでいいや!とか、部屋の中にいる間は大丈夫かな!などと油断していたら、突然シミが出てきてしまいましたので、ホルモン治療中は、年中、出来れば家の中でも、紫外線対策をすることをおすすめします!

(一度しみが出来てしまうと、これが、なかなか消すのが面倒なのですよね…)

スポンサーリンク

私のしみ対策!これが効いた!

私がまず目をつけたのは、ハイドロキノンという成分。

以前20代の頃、ニキビの炎症跡が気になった私は、完璧な肌を目指して、皮膚科で高濃度のハイドロキノンのクリームを処方していただいたことがありました。

保険が効かないので、ちっちゃな容器に入ってても、薬(クリーム)代だけでも5,000円くらい、かかったような気がします。

ハイドロキノンは、とても効き目があるのですが、強い成分なため、使い方を間違えると、副作用がダイレクトに出てきてしまいます。

日焼けを受けやすい肌になっているので、日中は日焼け止めや帽子などで、がっちりガードすることを徹底しました。

また、ハイドロキノンは、とても劣化しやすい性質があるため、1ヶ月以内で使い切ることと、必ず冷蔵庫に保管することを言われていました。

この時は、厳重にこの注意を守り、無事、ニキビ跡を消すことに成功しました!!

それから10年近くの月日が経って…。

今回も、皮膚科でまた処方してもらおう!と思いましたが、薬代として5,000円以上かかり、診察代などと合わせると、1万円近くになりそうなので、美白クリームを買った方がいいかな…どうしようかな…と、ちょっと悩みました。

去年の11月に発売され、雑誌の美容ライターさんの評価や、アットコスメでも高評価の、

純粋レチノールでシワを改善し、同時に美白する高機能クリーム「資生堂バイタルパーフェクション リンクルリフトディープレチノホワイト4」が、雑誌を見て気になっていたのですが、価格が税込で12,960円。

独身の時は、美容にガンガンお金をかけていましたが、現在は主婦であり、最近の私は仕事も辞めたので、無防備に化粧品代につぎ込むことも出来ません。。

ちょっと高いな~どうしようかな~と思っていた時、楽天で口コミがよかったハイドロキノンが主成分のクリームを買ってみたんです。

価格も3,000円以下だし、ポイント使って購入すれば実質タダなので、もし肌に合わなくても、それはそれでしょうがない!

しみへの効き目が薄かったら、夜、手の甲あたりにでもぬって、色白な手を目指せばいいや!くらいの、気楽な気持ちでした。

しかし、年末年始に1本試すと、もやもやっとしたしみが、コンシーラーを使わず、ファンデーションで隠せるくらいにまで薄くなったんです!

これはブログに書かなきゃ!!と思い、今は2本目に突入です!!

量も1ヶ月程度で使いきれる量なので挫折せず、とても使い勝手がよかったです。

しみに効く!ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、シミの原因となるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させる効果があり、

コーヒーやいちごなどにも含まれている、酸化を抑える還元作用を持つ天然成分です。

以前は、日本国内では管理の難しさから、医師の管理下でしか、使用することができませんでした。

しかし、現在は薬事法の規制緩和により、化粧品にも使用できるようになったようで、わざわざ皮膚科に行って処方していただかなくとも、ハイドロキノン入りのクリームを普通に購入できるようになったのです!

実際の使い方と、使用上の注意点

★ハイドロキノンは、とても酸化しやすい成分なので、開封後は、直射日光や、高温多湿を避けて保管することが重要です。

(注意書きに、絶対冷蔵庫へ入れるように、とは書かれていなかったので、私の場合は、冬の間だし…と思い、洗面所のポーチに入れて使っています)

★かなり効果があるので、顔全体には塗らず、スポット的に使うことをおすすめします。

(赤くなったりしたら使用中止、と書かれていましたが、私の場合は、しみの部分だけがバッチリ赤く反応しました。しかし、かぶれるような感じもなかったので、そのまま使い続けました。

1ヶ月程度使用した後、何日か経つと、赤みが消え、普通の肌の色に戻ったのですが、その後に、しみが大分薄くなっていたんです!
(完全に消えるというまでには、まだいっていませんが)

赤くなるということは、反応して効いてる!ということだと思い、肌荒れに繋がらない程度であれば、そのまま使うことにしました。

私は、かなりの敏感肌で、時折、ぴりっとした痒みがありましたが、かきむしるほどでもなく、使うことができましたよ。

赤みも、ファンデーションなどで隠れる程度の赤みなので、日中は日焼け止めとファンデーションでがっちりガードしています。

クリームの付け方は、最初は指で伸ばしていましたが、赤くなる部分が広いと怖いので、しみの部分にだけダイレクトに効くよう、ぽつん、ぽつん、と直接クリームを置いていくような使い方にしました。

手のこうにクリームをおいたところ。私の場合は、こんな感じでチューブから直接、ぽつんぽつんと、しみの部分においていきました。

 

クリームを置いて、ちょっと時間がたつとクリームが透明になり、少し固まるので、そのままブランケットなどでこすらないように注意して、寝てしまいます。

朝になったら、洗顔し、がっちり日焼け止めでガードします。

私が購入したのは、ハイドロキノン4%配合の「プラスナノHQ」というクリームです。

10%など、高濃配合なものもありますが、白く肌の色が抜けてしまったり、ぎゃくに色素沈着が起きてしまったら、元も子もないので、2%~4%くらいが、トラブルも起きにくく、いいのではないかと思います。

本当に小さなクリームです!
こんなくらいのサイズですよ!↓

普段は、3,000円以上ですが、楽天スーパーセールや、お買いものマラソンの時などは、3,000円を必ず切ります!

クーポンがあったり、値段が安くなったりしますので、そのタイミングをよく見て購入されるといいと思いますよ♪

もし、現在しみでお悩みの方がいらっしゃいましたら、試してみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラスナノHQ1本 5g|整肌成分ハイドロキノン|美容ケアクリーム|コンシーラー|【メール便】
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/2/22時点)

 

紫外線が強くなってくる季節まであと少し!

これ以上しみが増えたり、濃くなったりしないよう、頑張ってケアを続けていきたいと思います!


最後までお読み頂きありがとうございました♪
ポチっと応援していただけましたら励みになります!
↓↓↓










-ホルモン治療の副作用, 敏感肌用スキンケア
-, , ,

関連記事

乳癌 ホルモン治療中の手荒れの原因がカビでした…

お風呂上がりや寝る前に、もうどうにもならないくらいむず痒くて、かきむしってしまっていた手。 以前、下記の記事で、ホルモン治療をスタートしてから、乾燥や手荒れが酷いと書かせていただきましたが、手荒れだけ …

ホルモン治療のせいなのか?更年期?生理中の頭痛が酷い

私が飲んでいるホルモン剤 トレミフェン40mg 今日は午前中、子供の行事で外出し、その後車で買い物へ行き、 そんなに疲れてはいなかったと思うのですが、帰ってきたら、頭痛が酷くなってしまいました。 頭痛 …

こっちは左手 左手は指先だけ荒れています

乳癌のホルモン治療による手荒れが酷い!

ホルモン治療の副作用として、私が最も悩んでいるのが、肌荒れです。 今は特に手荒れが酷い!! お正月明けから特に酷くなっていまして、さけたところが痛くて指の関節が曲げられず、ロボットみたいになっています …

乳癌 ホルモン治療に”慣れる” はあるような気がします。ホルモン剤を飲んで1年が過ぎて…

いよいよ明日から12月ですね! 今年もあと1ヶ月だなんて……! 2017年は、年明け早々に、シリコンインプラントへ入れ替えるための再建手術をし、半分失った乳輪部分にタトゥーを入れたりと、乳癌手術のメン …

乳癌ホルモン治療中のうつ対策 自分に必要な香りとアロマオイルの選び方

今日は台風が近づいてきているせいか、頭痛もあるし、気分もいまいちです。 なんとなく気持ちが晴れない、元気が出ない、そんな日に私が使うアロマオイル(エッセンシャルオイル/精油)をご紹介したいと思います。 …

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PVアクセスランキング にほんブログ村