乳癌を美しく治そう!~私の乳癌 再建の記録~ 

30代(子供は4歳)で乳癌を発症。ステージⅡの全摘出をした元ワーキングママが、納得した治療法を探して、美しく再建し、明るい人生を取り戻すまで…

ホルモン治療の副作用

乳癌 ホルモン治療の副作用?乾燥しておしりがかゆい…!!

投稿日:2月 26, 2018 更新日:

乳がんのホルモン治療をスタートしてから、丸2年が経とうとしています。

途中、全摘手術をしたり、抗がん剤治療をしている間の服用は、ストップしていましたが、抗がん剤治療が終えてからは、継続的にトレミフェン40(フェアストンのジェネリック)を、一日一錠、飲んでいます。

ホルモン治療をスタートした初期の頃は、胃痛や、異常な食欲、手のこわばり、視力の低下(老眼の進行?)、膝や足首の関節痛など、色々な副作用に悩まされましたが、

去年の今頃、私が一番悩んでいたのは、顔や手だけではなく、身体全体の乾燥と、肌荒れでした。

(ちなみに、私の場合は、副作用で多いとされるホットフラッシュは、幸いにもあまりよくわからず、症状としては出ませんでした)

 

肌荒れは、今までは荒れたことがない、背中や、肩、二の腕なども、お風呂あがりにボディーローションや、オイルなどをつけ忘れてしまうと、てきめんに乾燥してしまいます!

しかし、こんにゃくのセラミドのサプリを忘れずに飲んだり、就寝時はPanasonicのスチーマー ナノイーをかけたり、スキンケアにも十分に気をつけるようにしたりしていましたら、肌荒れも徐々に治まってきました。

この対策のほかにも、抗がん剤の毒素が抜けてきて、腸内環境が整ってきたこともあるのかな~と思います。

ホルモン治療にも慣れてきたのか、副作用も治まり、今年の冬は肌荒れも大分ましになったので、ほっとしていました。

 

しかーーし、、、
何故か、今年の冬は、おしりがかゆい!!!

お恥ずかしいのですが、お風呂の椅子に座る時に、ぴきぴきっとおしりにひび割れが入るほど、荒れてしまいまして、超~~痛いんです!

ちょうど椅子にあたって座る部分です。
少しずつお湯をかけて柔らかくしてから座らないと、激痛です!

そして、お風呂から上がって、体温が上がった時は、今度はかゆいかゆい…!

誰もいなかったとしても、お尻をボリボリかくのも気がひけますし、本当に困ってしまっています!!

このお尻のかゆみ、ホルモン治療の副作用で検索し、調べてみたところ、外陰部のかゆみや、痛み、違和感などの症状が出ることが多いようで、納得。

私の場合は、膣の方ではなく、おしりの方でしたが、同じように皮膚の薄い部分なので、影響があったのですね。

女性ホルモンの影響が、ここまでくるとは…!

更年期、閉経で、このような症状に悩まされる方も多いようです。

こんな綺麗なおしり、うらやましい・・・!

 

一昨年から、お風呂上がりには忘れずに、愛用のボディークリームや、ワセリンなどを全身に丁寧に塗ってはいるのですが、おしりの荒れ&乾燥だけは治らず、

もう赤くなって炎症を起こしているような状態だったので、手荒れの際にいただいたステロイドを2日ほどぬったら、だいぶましになりました。

皮膚科の先生は、優しくていい先生だけど、おしりの肌荒れを相談するのは気がひけるな…と思っていたので、炎症が落ち着いて本当によかったです!

この部分の肌荒れは、婦人科などで相談した方がいいかもしれませんね。

今は、ネットで色々調べられる時代なので、助かりました。

よく、子供がぽりぽりお尻をかいている姿をみて、「あら~恥ずかしいわね~!やめなさい」なんて注意してましたが、今は注意出来ない私です。。。


最後までお読み頂きありがとうございました♪
ポチっと応援していただけましたら励みになります!
↓↓↓










-ホルモン治療の副作用
-,

関連記事

やっと見つけた…ホルモン治療中の敏感肌用おすすめ日焼け止め

もうすっかり秋ですね! 今年は、子供が夏休みに入った途端、天気が悪くて、夏らしい夏ではなかったので、今日のような秋晴れは本当に気持ちがいいです♪ 朝から、子供の体操教室に送迎し、その後近所の公園で遊ば …

こっちは左手 左手は指先だけ荒れています

乳癌のホルモン治療による手荒れが酷い!

ホルモン治療の副作用として、私が最も悩んでいるのが、肌荒れです。 今は特に手荒れが酷い!! お正月明けから特に酷くなっていまして、さけたところが痛くて指の関節が曲げられず、ロボットみたいになっています …

季節の変わり目 デリケートゾーンの痒みのその後…

今日は、台風が過ぎて、暑いくらいの晴天でしたよ! 皆様の地域は、大丈夫でしたでしょうか? 昨日は、子供の七五三のバイトで疲れて、22時にはバタンキューでベットへ…。 今月になって、トイレへ行く暇がない …

乳癌 ホルモン治療中のシミ対策!

私が乳癌となってしまったのは30代半ば。 それまでは、ニキビ跡で色素沈着してしまった部分があったりしましたが、少し時間が経てば消えていたので、特にしみで悩むことはありませんでした。 しかし、乳癌の全摘 …

「美ホルモンをアップして更年期を迎え撃つ 」武田久美子さんの情報が参考になりました

半年ほど前になりますが、ふと、子供と一緒に行った図書館で、武田久美子さんのご本があって、とっても綺麗な胸の写真に引き寄せられ、おもむろに手をとってみると、今までのイメージが一新! 国際結婚や子育てなど …

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PVアクセスランキング にほんブログ村