乳癌を美しく治そう!~私の乳癌 再建の記録~ 

30代(子供は4歳)で乳癌を発症。ステージⅡの全摘出をした元ワーキングママが、納得した治療法を探して、美しく再建し、明るい人生を取り戻すまで…

乳がんと宣告された女性へのアドバイス

乳癌と診断が出た時。選択を決断するのは温存か?全摘か?

投稿日:10月 21, 2017 更新日:

先日、知人の女性から、乳癌になってしまったかも…と、ご連絡をいただいたことを書かせていただきましたが、

もし親友から「乳癌になってしまったの」と告げられたら…

細胞診の結果、残念ながら、やはり乳癌だったそうです。
ステージは、I期か、Ⅱ期とのことでした。

今回、知人が乳癌になったことを聞いたら、すごく動揺するかと思いましたが、自分自身が手術、抗がん剤治療、再建手術を経験すると、すぐに死とはイメージが直結せず、強くなれるものですね。

乳癌は、初期の段階で適切な治療をしていれば、決して怖い病気ではないと思いますので、私のように、手術に尻込みせず、前向きに手術をして、美しく綺麗に再建をしてほしいと思い、情報を冷静にお伝えすることが出来ました。

腫瘍の大きさについては、最初のお医者さんには、9ミリと言われていたそうですが、今の病院で測っていただいたら、1.4cmだったそうです。

これは、私にも経験があるのですが、乳癌の腫瘍は、まん丸ではなくて、ちょっと平べったかったり、小さな腫瘍同士がくっつくのか、ぼこぼこっとした形のものもあったりして、形が変化しますから、測った時期や、病院それぞれの測り方の違いで、サイズが若干違うようですね。

ここまでの情報を聞いて、まず、私が勧めたのは、私自身が受けたかった凍結療法です。

私が心底受けたかった!乳癌を切らずに治す 凍結療法

凍結療法は、メスを入れる必要が無いことと、長期の入院や、痛みに耐えることもなく治療が出来るため、肉体的にも精神的にも、非常に負担が軽くて済むからです。

彼女の場合は、腫瘍が大きくとらえられたとしても1.4cmだそうですから、ギリギリ受けられるかもしれません。

私がこの凍結療法について主治医から直接お話を伺った際は、1.5cm以内であればこの施術が可能と言われたのですが、最近、亀田総合病院のHPを見ましたら、1cm以内に変わっていましたので、これは直接診察を受けて相談してみるしかありませんね。

また、しこりではなく、放射線状に広がっているタイプの乳癌や、皮膚に近い部分に癌がある場合は難しいなど、

この施術を受けるためには、様々な条件がありますが、今までのデータからしても、乳房内局所再発もほとんどないということもわかっていますので、その点は非常に安心感があります。

(※凍結療法の治療成績についてのデータは、こちらのインタビューからご覧いただけます)

スポンサーリンク

温存手術を選ぶか?全摘手術を選ぶか?の選択肢について

そして、スタンダードな治療方法である、温存手術を選択するか、全摘手術を選択するか、ということについてですが、

私の場合は、最初の診断で既に「全摘以外、方法はありません」と言われてしまいましたので、手術する=全摘するか? 手術しないか?という選択肢のみでしたが、

彼女の場合は、腫瘍のサイズがまだ小さいので、乳房の温存手術をして放射線治療をするか、全摘手術+エキスパンダーを入れて再建するか、どちらかの選択肢を選ぶように、と言われたそうです。

再建方法も、エキスパンダーを入れたシリコンでの再建方法だけではなく、自家組織での再建法もあることを病院で聞いたそうで、選択肢が沢山あって、どれを選択していったらいいのかわからない、というご相談でした。

これは本当に迷いますよね…。

選択肢が沢山ありすぎると、乳癌と言われただけでもショックで、思考が停止してしまいますし、何を選んでいいのか、本当に混乱すると思います。

私の場合は、病院事情にも疎かったですし、乳癌を患った知り合いもいなかったので、何処から調べていいのかわからなくなって、途方に暮れましたね…。

ネットの情報も沢山ありすぎますし、自分のタイプと合致する治療法を探すのは、本当に困難でした。

情報量も知識も少なかった当時の私が、この温存するか?全摘するか?の選択肢を突き付けられていたとしたら…

迷わず、温存を選んでいたと思います。

やはり、少しでも自分のおっぱいを残したい!と思っていたでしょうし、全摘なんて、怖くてショックで、とても選べませんでした。

しかし、色々な知識も得ることが出来た今現在、冷静に考えてみると、温存した場合のデメリットの方が、かなり大きいように思えるのです。

温存といっても、元のおっぱいのままというわけにはいかない、ということを、色々な情報で知ったからです。

温存手術を選択した際のデメリット

まず、温存した場合は、局所再発を避けるために、必ず放射線治療がセットで行われるそうで、約1ヶ月間、ほぼ毎日、放射線照射を受けに通院しなければなりません。

また、放射線治療は、一種の火傷(やけど)と同じですから、皮膚が伸びにくく、硬く、乾燥しやすく、血のめぐりも悪くなるため、形や柔らかさにも変化が現れてしまい、治療後に、胸の形が崩れてしまうことは、少なくないのだそうです。

私が全摘手術を受ける前に、再建の病院へお話しを伺いに行った際にも、もし主治医に、温存出来ますよ、と言われた場合でも、本当に健側の胸と同じような状態に戻るのか?(左右の違いがうまれないか)ということを、よくよく確認するように、と言われました。

(※私の場合は、乳癌の治療と全摘出の手術をしていただいた病院と、再建の病院が別です)

形が崩れてしまった時に、やっぱり再建して、もう一度胸のふくらみを戻したい!と思ったとしても、放射線照射をした後の皮膚の状態は、前述の通り血のめぐりも悪くなっているため、硬くなってしまい、シリコンインプラントを入れるのには向かないのだそうです。

シリコンでの再建が絶対に出来ない、というわけではないようですが、被膜拘縮も起こしやすいため、完成度も劣ってしまうことは覚悟しなくてはならない(=あまりすすめられない)とのことでした。

(※私の通っているブレストサージャリークリニックのHPに、このことが詳しく載っておりますので、よろしければ併せてご覧くださいね)

…ということは、もし、温存手術を受けた後に、予想以上に胸の形が変形してしまい、やっぱり再建をしたい、と思った場合は、必然的に、シリコンインプラント以外の再建術を検討しなければなりません。

私自身、再建法には色々迷いましたが、私の置かれている環境や、再建による傷、痛みの面では、シリコンインプラントでの再建を選択して本当に良かった!と思いましたので、

このインプラントでの再建が出来ない(あまり綺麗に完成しない)のであれば、温存手術の選択肢は無いな、という考えに変わりました。

なぜ、自家組織の再建を選ばなかったのか?

自家組織での再建は、乳房の温かさは手にいれられますが、背中やお腹に傷が大きく残りますし、2週間程度の入院が必要なため、身体の負担がとても大きいように思います。

自分の組織を使っているので、健側とより近く、元の状態に戻れるのかと思っていたのですが、自家組織で作った乳房は、年齢と共に健側と同じく垂れていくとか、しぼんでいく、などの自然な経緯はのぞめないのだそうです。

(※下記記事にも、その当時の心境を書いておりますので、よろしければご覧くださいね)

乳癌 傷跡が最小限で綺麗に再建できるよう 私が選んだ手術方式

そして、私が自家組織での再建を選ばなかった一番の理由は、病院探しをしていた際、他院の先生に、背中の広背筋皮弁(背中の筋肉と脂肪を使う)の再建手術後の写真を見せていただいたのですが、その背中の傷が非常に痛々しかったことです。

私には、胸以外の大きな傷も作り、再び痛みに耐えることは無理だな、と思い、自家組織は選択肢から外すことにしました。

また、私がお世話になっている再建の病院(=ブレストサージャリークリニック)の存在を知るにあたって、リアルな口コミが聞けたことも、大きなポイントでした。

長年コンプレックスだった胸を、全摘手術+シリコンでの再建をきっかけにして、健側もシリコンインプラントで豊胸し、とても綺麗な胸が出来て満足している、という女性の口コミを聞いた際に、なんだかとても希望が持てたんですね!

「この際、私も授乳で少々しぼんできた胸の方も豊胸して、一緒に綺麗にしてしまおうかしら…!」と思い、シリコンインプラントの再建の方に、一気に気持ちが傾いていったんです……。

 

再建方法については、だいぶ長くなってしまいましたので、続きは次の記事に書かせていただきますね。

私が乳癌の再建法をシリコンインプラントに決めた理由


最後までお読み頂きありがとうございました♪
ポチっと応援していただけましたら励みになります!
↓↓↓










-乳がんと宣告された女性へのアドバイス
-, , ,

関連記事

心の持ちよう

先日のブログ記事を読み返していましたら、うーん、私が言いたかったことがうまく書ききれていないな…と自己嫌悪に陥り、 最近、よく読まさせていただいている田宮陽子さんのブログの 病気は「神さまからのお手紙 …

(続き2)もし親友から「乳癌になってしまったの」と告げられたら…

再び、昨日の記事の続きを書かせていただきますね。 手術を迷っている、もしくは、全摘がどうしても嫌だと、親友に相談されたら…。 私が実際再建した胸を、触らせてあげて、傷口を見せてあげると思いますね! ほ …

(続き)もし親友から「乳癌になってしまったの」と告げられたら…

昨日の記事の続きを書かせていただきますね。 もし親友に、「どうしても手術したくない!」「おっぱいを失いたくない!」と言われたら… 乳癌の全摘手術を終えて、再建手術は、残るは乳頭移植のみとなった現在の私 …

もし親友から「乳癌になってしまったの」と告げられたら…

先日、以前仕事で大変お世話になった女性から、久しぶりにご連絡をいただきました。 どうしたんだろう?と、懐かしい思いでメッセージを読み始めてみましたら、なんと彼女も乳癌になってしまったとのことでした。 …

温存手術をした知人より再手術が必要かもしれないと聞いて…

先日下記の記事にて、知人が乳癌になってしまったということを書かせていただきましたが、 乳癌と診断が出た時。選択を決断するのは温存か?全摘か? もし親友から「乳癌になってしまったの」と告げられたら… 色 …

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PVアクセスランキング にほんブログ村