乳癌を美しく治そう!~私の乳癌 再建の記録~ 

30代(子供は4歳)で乳癌を発症。ステージⅡの全摘出をした元ワーキングママが、納得した治療法を探して、美しく再建し、明るい人生を取り戻すまで…

心の傷を癒すために

乳癌で傷を負った女性の胸に咲く美しい花々

投稿日:2月 14, 2017 更新日:

私自身、乳癌の手術による想定外のトラブルで、乳頭と乳輪を半分、失ってしまったわけですが、
(詳しい経緯はこちら

乳輪のタトゥーで検索していたら、
こんな花々が描かれた素敵な胸の画像に出会い、思わず見とれてしまいました!


David Allenさんというアーティストのサイトより

これはおそらく、アメリカの患者さんでしょう。

乳癌で負った傷は、身体の傷だけではありません。
心の傷も大きく伴います。

こうやって心の傷を癒す方法もあるのだなあ、と感心しました。

下の写真もご覧ください。
胸の大きな傷も、タトゥーによって、非常にうまく隠せています。

お解りになりますか?
右胸の中央に、横に一直線に入った大きな傷がありますよね。


David Allenさんというアーティストのサイトより

タトゥーは、乳癌の傷だけではなく、
大きな火傷の跡や、色々な傷を隠すのにも有効な方法だな、と思いました。

毎日鏡に映る自分の姿を見て、一生ため息をつくことが予想されるなら、

思い切って自分の身体にアートを施し、笑顔で生きるのもいいかもしれませんね!

将来、胸が垂れても、きっとカッコイイおばあちゃんになれそう!

日本では温泉やプールを訪れる際、タトゥー=(イコール)暴力団関係者と見なされ、入口に「刺青客お断り」と書かれている看板をよく目にしますが、

このような前向きな方たちには、寛容な対応をすべきなのかもしれませんね。

(子供たちの治安のためには、悩ましいところですが…)

それにしても、この花々のタトゥー、
素敵だな~と思うものの、
私なら、このタトゥーを入れることを決断するのに、乳癌の摘出手術をするより100倍の時間がかかりそう!(笑)

海外へ移住したらアリかな。

乳癌を克服した女性にタトゥーを描き、
心の癒しを提供するアーティストグループ「P.INK 」のWEBサイトの動画では、

自分の胸に描かれた美しいタトゥーを見て、涙を流しながら喜ぶ女性たちの姿がとても感動的です。

2013年に設立したNPO団体「P.INK(ピンク)」は、乳がん手術を受けた女性に、タトゥーアーティストを紹介する選択を提供。

女性の美しさを蘇らせ、心をも癒すことを目的に活動している。

タトゥーを入れる現場から ~NPO団体「P.INK」のHPより~

自分のタトゥーに満足そうな笑みを浮かべる女性 ~NPO団体「P.INK」のHPより~

タトゥーが完成し、彫師に涙を浮かべながら抱きつく女性 ~NPO団体「P.INK」のHPより~

映像を見ていたら、私も再建手術の時を思い出し、うるうるときてしまいました…

今、不安で押しつぶれそうな方も、
きっとこのように笑顔で笑える日がきますから、一緒に頑張りましょうね!

とても勇気をいただけるサイトなので、
もしよろしければ、ご覧になってくださいね!


最後までお読み頂きありがとうございました♪
ポチっと応援していただけましたら励みになります!
↓↓↓










-心の傷を癒すために
-, ,

関連記事

色々悩んだ時は、大自然に触れるべし!

普段は完全にインドア派の私ですが、 子供の教育にもなるし、今年の夏は新しいことを体験させてあげたくて、 夏休みのビッグイベントとして、キャンプにいってきました! 私自身、キャンプは小学校5年生ごろにい …

右乳癌で女性性を高めるために意識すること(行動/外見/考え方)

昨日の記事「乳癌 左右それぞれの原因とスピリチュアルな意味合い」で、私の場合は原因が男性性が強く、右側に乳癌を発症してしまったというお話させていただきましたが、 以前、男性性と女性性について、講義を受 …

心の持ちよう

先日のブログ記事を読み返していましたら、うーん、私が言いたかったことがうまく書ききれていないな…と自己嫌悪に陥り、 最近、よく読まさせていただいている田宮陽子さんのブログの 病気は「神さまからのお手紙 …

自分の愛し方、生きがいの見つけ方

「自分を大事にするって、どういうこと?」 「私の生きがいって一体何だろう?」 この質問の答えがすぐ浮かばない時は、貴方もだいぶ疲れている時かもしれません。 特に子育て中で、子供や家族、仕事に振り回され …

乳癌 左右それぞれの原因とスピリチュアルな意味合い

乳癌の左右の原因について、昨日の記事(クリスティン・ペイジ博士による「癌になる人の性格」の特徴)に引き続き、私が調べたことをご紹介出来ればと思います。 …といいますのが、小林麻央さんは、 ふと、どちら …

2020年10月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PVアクセスランキング にほんブログ村